トップ

病院での健康保険について

病院に行く時の用意

予約

病院に行くときは保険証を

日本では、ほとんどすべての人が健康保険を持っています。国民皆保険は他の国に対して誇れることです。どんな病気でも保険の適応内の治療であれば、どこの病院に行っても保険が適応され自己負担額が軽減されます。おおよそ1~3割程度の負担になるのです。その為には保険証が必要です。会社をやめたり、転職したりした場合は保険証も変わりますので、そういったことがあれば必ず病院の受付で申し出なければいけません。急な病気などで持っていなかったり、手続き中で手元になかったりした場合もその旨を伝えなくてはなりません。その場合は全額自己負担になってしまいます。あとから手続きをすれば負担金が戻ってきますので、その場合は住んでいるところの役所に手続きが必要となります。

保険証の提示は毎月求められます

病院を受診する際に欠かせないのが保険証ですが、毎月の受診で提示を求められますので、必ず携帯して行きましょう。医療機関によっては、提示が出来なければ一旦自費での清算をしなくてはならないこともあるからです。しかし、かかりつけ医の場合は、患者として通院している状況が過去の診療報酬から分かるので、うっかり忘れていた場合でも、保険適用で清算してくれるようになります。病院にかかる時は、複数月にわたって受診をしている場合、たとえ初診の日に保険証を提示しても、再度、月が変わる度に必要となることを理解しておきましょう。

病院のためになる情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 病院での健康保険について. All rights reserved.